復帰MTGアリーナ日記

メルカディアン・マスクス期のカジュアル勢がMTG ARENAでMTGに復帰した日記

MTGアリーナのランク戦ミシック到達者の使用デッキ (ラヴニカの献身シーズン2)

Twitterなどで見かけた、ミシックに到達した人がミシック到達までに使用したデッキや、ミシックで使用中のデッキなどをメモしておこうと思う。

赤単や白単、エスパーコントロールなどがメタの中心だろうけど、その他のデッキも普通に使われているようで、様々なデッキが混在している様子。一強じゃない環境ってのはいいね。

目次

BO1

白単アグロ (Mono-White Aggro)

4 空渡りの野心家/Skymarcher Aspirant
2 錆色翼の隼/Rustwing Falcon
4 短角獣の歩哨/Snubhorn Sentry
4 追われる証人/Hunted Witness
4 不屈の護衛/Dauntless Bodyguard
4 軍団の上陸/Legion's Landing
4 ベナリアの軍司令/Benalish Marshal
3 不敗の陣形/Unbreakable Formation
4 ベナリア史/History of Benalia
3 議事会の裁き/Conclave Tribunal
1 暴君への敵対者、アジャニ/Ajani, Adversary of Tyrants
4 敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon
19 平地

セレズニア・ミッドレンジ (Selesnya Midrange) (緑白)

4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
3 冒険の衝動/Adventurous Impulse
4 マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker
4 野茂み歩き/Wildgrowth Walker
4 輝かしい天使/Resplendent Angel
4 翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger
1 秋の騎士/Knight of Autumn
3 豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty
4 イクサランの束縛/Ixalan's Binding
3 黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer
3 ビビアン・リード/Vivien Reid
8 森
7 平地
4 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove
4 寺院の庭/Temple Garden

鉄葉ストンピィ・タッチ赤 (Steel Leaf Stompy) (赤緑)

hukki-mtg-arena.hatenablog.jp

4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 溶岩コイル/Lava Coil
4 クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner
4 成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian
4 ザル=ターのゴブリン/Zhur-Taa Goblin
2 打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon
4 鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion
4 グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker
4 無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox
3 原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger
3 山
12 森
4 根縛りの岩山/Rootbound Crag
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground

ブレインデッド・グリーン (BRAIN-DEAD GREEN) (鉄葉ストンピィ・タッチ黒) (黒緑)

4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian
4 マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker
4 野茂み歩き/Wildgrowth Walker
3 採取+最終/Find+Finality
4 翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger
4 鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion
4 無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox
3 ビビアン・リード/Vivien Reid
2 殺戮の暴君/Carnage Tyrant
2 原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger
14 森
4 草むした墓/Overgrown Tomb
4 森林の墓地/Woodland Cemetery

BO3

イゼット・フェニックス (Izzet Phoenix) (青赤)


無課金でミシック一桁は凄い。

メイン

4 ショック/Shock
4 選択/Opt
4 ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer
3 急進思想/Radical Idea
4 航路の作成/Chart a Course
2 苦しめる声/Tormenting Voice
4 溶岩コイル/Lava Coil
1 標の稲妻/Beacon Bolt
1 幻惑の旋律/Entrancing Melody
4 弧光のフェニックス/Arclight Phoenix
4 弾けるドレイク/Crackling Drake
2 発見+発散/Discovery+Dispersal
1 イゼット副長、ラル/Ral, Izzet Viceroy
1 パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun
8 島
5 山
4 蒸気孔/Steam Vents
4 硫黄の滝/Sulfur Falls

サイドボード

1 呪文貫き/Spell Pierce
1 シヴの火/Shivan Fire
1 アズカンタの探索/Search for Azcanta
2 軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke
3 否認/Negate
1 標の稲妻/Beacon Bolt
2 つぶやく神秘家/Murmuring Mystic
2 パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun
2 幻惑の旋律/Entrancing Melody

クロマティック・ブラック (Chromatic Black) (黒単)

メイン

4 航海士のコンパス/Navigator's Compass
2 アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast
4 宝物の地図/Treasure Map
4 聖句札の死者/Phylactery Lich
2 肉儀場の叫び/Cry of the Carnarium
4 彩色の灯籠/Chromatic Lantern
2 ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt
2 首謀者の収得/Mastermind's Acquisition
2 煤の儀式/Ritual of Soot
2 ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza
2 最古再誕/The Eldest Reborn
2 殺戮の暴君/Carnage Tyrant
2 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis
4 陰謀団の要塞/Cabal Stronghold
20 沼

サイドボード

1 暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy
1 記憶の裏切り/Mnemonic Betrayal
2 ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza
1 恩寵の天使/Angel of Grace
1 浄化の輝き/Cleansing Nova
1 川の叱責/River's Rebuke
1 法をもたらす者、アゾール/Azor, the Lawbringer
1 不滅の太陽/The Immortal Sun
1 原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide
1 骨塚協議/Boneyard Parley
1 絶滅の星/Star of Extinction
1 ペラッカのワーム/Pelakka Wurm
1 苦悩火/Banefire
1 集団強制/Mass Manipulation

青単テンポ (Mono Blue Tempo) (Mono-Blue Aggro)

メイン

4 セイレーンの嵐鎮め/Siren Stormtamer
4 プテラマンダー/Pteramander
3 霧まといの川守り/Mist-Cloaked Herald
3 呪文貫き/Spell Pierce
2 潜水/Dive Down
4 選択/Opt
4 執着的探訪/Curious Obsession
4 マーフォークのペテン師/Merfolk Trickster
3 航路の作成/Chart a Course
1 一瞬/Blink of an Eye
1 本質の把捉/Essence Capture
4 魔術師の反駁/Wizard's Retort
4 大嵐のジン/Tempest Djinn
19 島

サイドボード

2 フェアリーの決闘者/Faerie Duelist
3 波濤牝馬/Surge Mare
3 否認/Negate
2 排斥する魔道士/Exclusion Mage
2 氷結/Deep Freeze
1 狡猾な漂流者、ジェイス/Jace, Cunning Castaway
2 幻惑の旋律/Entrancing Melody

ナヤ・スタッフ (Naya Stuff) (赤緑白)

メイン

2 ショック/Shock
3 凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil
2 培養ドルイド/Incubation Druid
2 クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner
4 マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker
4 溶岩コイル/Lava Coil
4 グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker
2 秋の騎士/Knight of Autumn
2 豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty
2 正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice
3 イクサランの束縛/Ixalan's Binding
2 黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer
2 ビビアン・リード/Vivien Reid
2 殺戮の暴君/Carnage Tyrant
1 森
1 平地
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
4 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4 寺院の庭/Temple Garden
3 根縛りの岩山/Rootbound Crag
3 断崖の避難所/Clifftop Retreat
4 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove

サイドボード

2 シヴの火/Shivan Fire
4 燃えがら蔦/Cindervines
2 轟音のクラリオン/Deafening Clarion
1 イクサランの束縛/Ixalan's Binding
2 残骸の漂着/Settle the Wreckage
2 混沌をもたらす者、ドムリ/Domri, Chaos Bringer
1 恩寵の天使/Angel of Grace
1 ビビアン・リード/Vivien Reid

シミック・ストンピィ (Simic Stompy) (鉄葉ストンピィ・タッチ青) (緑青)

メイン

4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 生皮収集家/Pelt Collector
4 旅立った甲板員/Departed Deckhand
2 クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner
4 マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker
2 翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger
4 鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion
4 無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox
4 エリマキ神秘家/Frilled Mystic
4 原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger
10 森
4 繁殖池/Breeding Pool
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor
2 シミックのギルド門/Simic Guildgate
4 手付かずの領土/Unclaimed Territory

サイドボード

1 呪文貫き/Spell Pierce
3 否認/Negate
1 クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner
2 帰化/Naturalize
1 剛力の殴り合い/Titanic Brawl
1 排斥する魔道士/Exclusion Mage
3 睡眠/Sleep
3 ビビアン・リード/Vivien Reid

MTGアリーナのランク戦 (BO1) でミシックランクに到達した (ラヴニカの献身シーズン2)

今月も無事にミシック到達。使用したデッキを残しておく。

f:id:gimplightuser:20190410234450p:plain

使用したデッキ

鉄葉ストンピィ (タッチ赤)

4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 溶岩コイル/Lava Coil
4 クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner
4 成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian
4 ザル=ターのゴブリン/Zhur-Taa Goblin
2 打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon
4 鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion
4 グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker
4 無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox
3 原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger
3 山
12 森
4 根縛りの岩山/Rootbound Crag
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground

前回のデッキから「殺戮の暴君」を抜き「原初の飢え、ガルタ」を一枚足した。「鉄葉」のマナコストが森森森なので土地の比率が非常に難しい。緑が一点足りず「鉄葉」を早めに出せなかったり、赤を出せずに「溶岩コイル」を打てなかったこともしばしば。というか3枚しか入れてない山引きすぎた。

ダイヤ帯では先月よりもエスパーコントロールとの対戦回数が少なかったので、割と楽にミシックまで到達できた感じ。最もよく出会う赤単と対等に渡り合えるが、同じぐらいよく見る白単にはやや分が悪い感じ。白単は先月よりも増えたような気がする。逆に青単は数が減ったのかあまり見かけなくなった。イゼットドレイクも見る機会が減ったが、代わりにイゼットフェニックスやジェスカイコントロールがちょっと増えたような。

やってて分が悪いなーと感じたのはスゥルタイミッドレンジやゴルガリミッドレンジといった黒絡みのデッキ。青緑マーフォークも辛かった。というか「野茂み歩き」が辛い。

MTGアリーナのランク戦 (BO1) でダイヤモンドランクに到達した (ラヴニカの献身シーズン2)

※2019年4月10日にミシックに到達。

MTGアリーナのランク戦 (BO1) でミシックランクに到達した (ラヴニカの献身シーズン2) - 復帰MTGアリーナ日記

ーー

前回と前々回に作成した天使デッキでランク戦をプレイしてみたものの、勝ったり負けたりを繰り返して中々プラチナティア-3より上に行けなかったので、先月使用した鉄葉ストンピィに赤を加えていわゆるグルールアグロ的なデッキにしてランク戦に挑戦してみたところ、2日でダイアモンドティア-4に到達した。

f:id:gimplightuser:20190406203517p:plain

使用したデッキ

鉄葉ストンピィ (タッチ赤)

f:id:gimplightuser:20190406203454p:plain

4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 溶岩コイル/Lava Coil
4 クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner
4 成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian
4 ザル=ターのゴブリン/Zhur-Taa Goblin
2 打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon
4 鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion
4 グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker
4 無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox
2 殺戮の暴君/Carnage Tyrant
2 原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger
4 山
10 森
4 根縛りの岩山/Rootbound Crag
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground

「山」はもうちょっと減らしてもいいかも?

各カードの使用感

溶岩コイル/Lava Coil

「再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix」突破用。

成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian

使ってみると思ってたよりも強かった。

ザル=ターのゴブリン/Zhur-Taa Goblin

ネット上では「生皮収集家/Pelt Collector」を採用したデッキリストを見かけるが、1枚しか持ってないので代わりにこれを入れてみた。十分強いし、後半に引いても3/3なら十分戦力になるのが良い。

打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon

各種エンチャントを破壊するために入れた。けど肝心な時に引けないんだよなあ…

グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker

暴動、トランプル、さらに限定的とはいえ呪禁付きな優良クリーチャー。

無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox

「蔦草牝馬/Vine Mare」は「ブランチウッドの鎧/Blanchwood Armor」が無いとやや辛いので神話レアWCを使用してこれを4枚投入。3ターン目に出てくる6/6はやはり強い。

殺戮の暴君/Carnage Tyrant

打ち消されないのは良いんだけど、この2日間はあまり活躍できなかったような感じ。

原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger

「暴君」よりも頼りになった感。「暴君」を減らしてこちらを増やすか検討中。

マルドゥナイツ・アンド・エンジェルス (赤白黒ミッドレンジ)

天使デッキを作ったので他の天使デッキのリストを探してみたら以下のページを発見。

http://teamys.net/deckbuilder/build_view.php?select_DECK_CD=1550820

このデッキをMTG Arenaで作成してプレイしてみた (カード資産が足りないので若干変更はしたが)。初めて普通にプレイしてエスパーコントロールに勝てた気がする。

目次

デッキリスト

マルドゥナイツ・アンド・エンジェルス (Mardu Knights and Angels)

4 善意の騎士/Knight of Grace
4 悪意の騎士/Knight of Malice
3 探求者の従者/Seekers' Squire
4 ベナリア史/History of Benalia
2 真夜中の死神/Midnight Reaper
4 屈辱/Mortify
4 魔性/Bedevil
3 豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty
1 ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt
4 秤の熾天使/Seraph of the Scales
3 黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer
2 平地
2 沼
2 孤立した礼拝堂/Isolated Chapel
4 神無き祭殿/Godless Shrine
4 血の墓所/Blood Crypt
2 竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit
4 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4 断崖の避難所/Clifftop Retreat

デッキの使用感

1マナ2マナ域の除去が無いので赤主体のデッキとは使い勝手がやや異なる。3マナで「屈辱」「魔性」が撃てるとはいえ、軽量飛行クリーチャーを擁する青単にはキツい感じ。エスパーコントロールと対戦した時は相手の引きがあまり良くなかったのか、お互いに除去を打ち続け、こちらが連続してクリーチャーを引けたので何とか勝てた感じ。その時は探検で「魔性」が公開されてから相手の動きが慎重になったような印象を受けた。

各カードの使用感

探求者の従者/Seekers' Squire

探検持ちのカードをあまり使ったことが無いので何とも。便利だなーとは思うが。

真夜中の死神/Midnight Reaper

ドローカードをほぼ使ったことが無かったので何か新鮮だった。

魔性/Bedevil

色拘束がキツくてやや撃ちづらい。

豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty

的。クリーチャーだけじゃなくプレイヤーにも呪禁を付けるのが強い。

ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt

4マナはやや重い。

秤の熾天使/Seraph of the Scales

悪くないんだが、タフネスは4欲しかったなーとか死後2じゃなく4か、せめて3あればなーという印象。接死持たせられるのは良いのだけれども。

ボロス天使 (赤白アグロ)

MTG Wikiを眺めていたら天使デッキを組みたくなったのでレアWCと神話レアWCをつぎ込んでボロス天使デッキを組んでみた。Wikiにあったデッキをパクっただけだけど。

天使 (デッキ) - MTG Wiki

そこそこ勝てるので後悔はしていない。

目次

デッキリスト

ボロス天使 (Boros Angels)

f:id:gimplightuser:20190401195838p:plain

4 ショック/Shock
4 アダントの先兵/Adanto Vanguard
4 トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard
4 溶岩コイル/Lava Coil
3 ベナリア史/History of Benalia
3 輝かしい天使/Resplendent Angel
4 イクサランの束縛/Ixalan's Binding
4 再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix
3 正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice
3 黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer
9 平地
7 山
4 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4 断崖の避難所/Clifftop Retreat

デッキの使用感

単色系のデッキ相手ならまあまあやれる感じ。エスパーコントロールには勝てない。門コントロールもキツい。というかコントロール系は大体キツい感じ?ビートダウン相手なら割とヤれるので今月はこれを含めた天使デッキを中心にミシックランクを目指したい。

各カードの使用感

ショック/Shock

「ラノワールのエルフ」や「プテラマンダー」を焼くのに必要。

アダントの先兵/Adanto Vanguard

門コントロールとか除去満載のデッキを相手にするのに必要なクリーチャー。赤相手だとあまり意味のない能力。

トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard

探検とかを無効化してくれる。タフネスが3なので赤単でブロッカー兼火力消費役として使える。

溶岩コイル/Lava Coil

「再燃するフェニックス」を除去するのに必要。

ベナリア史/History of Benalia

ブロッカー生成器。

輝かしい天使/Resplendent Angel

生き残れば強いが大体除去られる運命。

イクサランの束縛/Ixalan's Binding

これのおかげで勝てたことが何度もあった。ちょっと重いので撃ちづらい。

再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix

強い。

正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice

何気にタフネスが5なので除去されにくい。

黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer

5/5飛行、先制攻撃、ライフゲインが弱いはずもなく。相手が全力で除去しに来るので割と死ぬが、除去されなかったら大体相手が死ぬ。

MTGアリーナで構築ランク「ミシック」に到達した翌月は「プラチナティア-4」からスタートになるらしい

らしい

先週MTGアリーナのランク戦 (BO1) でミシックランクに到達した

※4月も無事ミシックに到達。

MTGアリーナのランク戦 (BO1) でミシックランクに到達した (ラヴニカの献身シーズン2) - 復帰MTGアリーナ日記

ーー

先月の中頃に、どこかのニュースサイトでMTGアリーナというパソコン用ソフトが日本語化されたという記事を見てMTGに復帰し、先週ランク戦BO1でミシックランク到達したので、使用した2つのデッキを公開してみる。

f:id:gimplightuser:20190326163903p:plain

使用したデッキ

緑単

f:id:gimplightuser:20190326164347p:plain

鉄葉ストンピィ (Steel Leaf Stompy)

4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner
1 茨の副官/Thorn Lieutenant
4 狂気の一咬み/Rabid Bite
3 剛力化/Titanic Growth
4 ブランチウッドの鎧/Blanchwood Armor
4 打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon
4 鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion
4 蔦草牝馬/Vine Mare
2 驚異的成長/Prodigious Growth
2 殺戮の暴君/Carnage Tyrant
2 原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger
22 森

ブロンズティア4からダイアモンドティア2まで一貫して緑単を使用。ラノエル、銛撃ち、剛力化、ブランチウッド、鉄葉、蔦草、驚異、暴君、ガルタの枚数は初期から固定。残りは色々入れ替え、最終的にこうなった。茨の副官を一枚刺ししているのは何でなのか分からない。

「蔦草牝馬」はタフネスが3しかなく心もとないので「ブランチウッドの鎧」を採用。緑単だと相手のクリーチャーを除去し辛いので「狂気の一咬み」を入れた。

白緑

f:id:gimplightuser:20190326170605p:plain

セレズニアストンピィ (Selesnya Stompy)

4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
2 開花+華麗/Flower+Flourish
4 クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner
4 鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion
3 秋の騎士/Knight of Autumn
4 イクサランの束縛/Ixalan's Binding
1 豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty
3 蔦草牝馬/Vine Mare
1 無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox
2 生体性軟泥/Biogenic Ooze
3 不和のトロスターニ/Trostani Discordant
2 殺戮の暴君/Carnage Tyrant
2 原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger
5 平地
12 森
4 寺院の庭
4 陽花弁の木立ち

ダイアモンドティア1に到達した後、カードリストを眺めていたら「不和のトロスターニ」「寺院の庭」「秋の騎士」を3枚引いていることに気がついたので、ワイルドカードを使用して緑白のデッキを組んでみた。ミシック到達まではこのデッキを使用。1枚だけ当てた「フェロックス」を入れて使ってみたけど、「束縛」のコストが増えて使い辛かったので「蔦草牝馬」のままでよかったような。「生体性軟泥」は2枚しか持ってないので何となく「シャライ」を入れてみたが悪くなかった。

各カードの使用感

ノワールのエルフ/Llanowar Elves

緑といえば「ラノワールのエルフ」、黒といえば「暗黒の儀式」と記憶していたので、ラノエルが再録されてない時期があったとか暗黒の儀式が再録絶望とかちょっとびっくりした。これを1ターン目に出せるかどうかでずいぶん変わる。

クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner

プテラマンダーを始めとした飛行クリーチャーを落とすために必要。そうでなくても2マナ3/2は普通に強い。

茨の副官/Thorn Lieutenant

1枚しか持ってない割にはよく引いた気がする。除去されても1/1トークンが残るのが良い。

狂気の一咬み/Rabid Bite

相手のクリーチャーが横並びになると突破するのがキツかったので、ダイアモンドランクになってから入れた。便利だけどこれが初期手札に3枚あることがあったりしてちょっとなーと思ったりもした。あとイラストがあんまり好きじゃない。

剛力化/Titanic Growth

採用している人が少ないのか、これを警戒する人は全然いなかった。

私「蔦草牝馬でアタック」
相手「あと一撃耐えられるから通す」
私「じゃあ剛力化使いますね」

みたいな。2枚だと少ないが4枚だと多すぎって感じだったので3枚に。

ブランチウッドの鎧/Blanchwood Armor

「蔦草牝馬」のタフネスの低さを補うために入れたけど、めちゃくちゃ仕事してくれた。ラノエルや銛撃ちに付けて殴ることもよくあったし。

打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon

エンチャント破壊できないと辛いので。何気にタフネス4なのでブロッカーとして優秀。

鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion

鉄葉ストンピィの要。強い。強いけど、とにかく除去される。何はともあれ除去される。

蔦草牝馬/Vine Mare

多分「鉄葉のチャンピオン」よりも殴った回数は多いんじゃないだろうか。呪禁持ちで除去され辛い、しかも黒のクリーチャーにはブロックされないという優秀なクリーチャー。好き。

驚異的成長/Prodigious Growth

ブラ鎧と同じく牝馬に付ける目的で採用。6マナと重いので2枚だけ。

殺戮の暴君/Carnage Tyrant

呪禁持ちで打ち消されないとか素敵すぎ。最近は全体除去蔓延で以前みたいな活躍はできてないらしいが、それでも安心感がある。

原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger

除去耐性無いのであんまり活躍できなかった感じ。緑単同士のゲームだと先に出した方が勝ちみたいな感じだった。

開花+華麗/Flower+Flourish

これが初手にある時は大体引きが悪かった感じ。「華麗」のおかげで後半腐らないのが良い。

秋の騎士/Knight of Autumn

「打ち壊すブロントドン」の代わりに入れてみた。あちらと違って除去られていざという時に使えない心配が無いのは良い。

イクサランの束縛/Ixalan's Binding

緑単時代に白系デッキに使われて嫌だったので使ってみた。エンチャントを割れない赤や黒には滅法強いが、「屈辱」や「暗殺者の戦利品」で割られることもしばしば。

豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty

何となく入れてみたが後述のトロスターニを守れるのが良い。

無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox

3ターン目に6/6呪禁が出てくるのは普通に強い。ただ「イクサランの束縛」を撃ち辛くなるデメリットがあったので、1枚刺しするなら「蔦草牝馬」でよかったかなあって気がした。

生体性軟泥/Biogenic Ooze

強い強い。増やすのに4マナ必要だがパンプアップは自動なのが良い。ただまあ大体出すとすぐ除去られるんだけど。

不和のトロスターニ/Trostani Discordant

「人質取り」対策になるのが良い。トークンのライフゲインのおかげで勝てたゲームもあるのでよいカードなのだけど、やっぱりすぐ除去られる。

対戦した主なデッキの感想

赤単

緑単、白緑ともに5分で戦える感じ。対戦してて楽しいので好き。

白単

緑単だと群れ仲間系、トークン系ともにやや辛い感じだった。白緑だと緑単よりは戦える感じだったかな。

青単テンポ

相性は良い方らしいけど、打ち消しが好きじゃないので対戦しててあまり面白くなかった。

エスパー・コントロール (青白黒コントロール)

勝てない。

イゼット・ドレイク

ドレイクのタフネスが4と低めなのでまあ何とかなる感じ。

イゼット・フェニックス

イゼドレよりはこっちの方が辛かったかな。

スゥルタイ・ミッドレンジ (青黒緑アグロ)

「野茂み歩き」がすぐ大きくなるし「喪心」「ヴラスカの侮辱」といった除去を積んでるので相性悪い。

ティムール荒野の再生 (青赤緑コントロール)

あんまりあたったことないのでよく覚えてない。

グルール・アグロ (赤緑ビートダウン)

「再燃するフェニックス」が辛い。ほんと辛い。「スカルガンのヘルカイト」よりも辛い。

ラクドス・ミッドレンジ (赤黒ビートダウン)

「再燃するフェニックス」が辛い。マジで辛い。

ボロス天使 (白赤ビートダウン)

「再燃するフェニックス」は辛いんだって。

グリクシス・ミッドレンジ (青黒赤ビートダウン)

だから「再燃するフェニックス」は(ry

グリクシス・コントロール (青黒赤コントロール)

「蔦草牝馬」のおかげで勝てたような。

白青黒ジャンク

黒主体のデッキなら蔦草を早めに引ければまあ何とか。

白黒ローグ

上に同じく?

セレズニア・トークン (白緑トークン)

「大集団の行進」でボコボコにされた。

マルドゥ・アグロ / マルドゥ・ミッドレンジ (白黒赤ビートダウン)

黒主体なら蔦草を早めに引ければ?

門コントロール

割とキツい。「燃え立つ門」をやり過ごせればワンチャンあり。

バントミッド (白青緑ビートダウン)

これっぽいデッキの「ハイドロイド混成体」にボコられて負けた覚えが。

ジャンド・ミッドレンジ (黒赤緑ビートダウン)

「席次」+「ゴブリンの鎖回し」のコンボをやられたような覚えが。

ジェスカイ・コントロール (青白赤コントロール) (トリコロール)

何か普通に負けたような。

アブザンミッドレンジ (黒緑白ビートダウン)

除去打たれまくって負けたような。

鉄葉ストンピィ (緑単)

引きの良い方が勝つ。